waibouの雑記ブログ

パソコンが引っ越しを始めた

 

自宅にある自作パソコンを1階から2階へ引っ越しをしました。

そこで障害となったのがWi-Fi繋がらない問題です。

繋がらない問題を解決してみたので同じような悩みを抱えている方は参考にしてみて下さい。

1階から2階へ引っ越しをする理由

1階にはモデムとルーターが置いてあるので通信環境としては最適でした。
2階にはデスクも無く、部屋が狭い事もあってパソコンを置くスペースもありません。

私の部屋が2階にあり、普段から2階に居る事が多い私にとってはパソコンを使う度に
1階へ行かなければならないので、不便さを感じていました。

そこで、デスクをDIYで制作し、2階の整理を行ってパソコンを置くスペースが確保出来たので引っ越しをする事にしました。


2階に制作したデスクを置き、自作パソコンを仮設置してみました。
小物入れも欲しかったのでついでにキャビネットも制作しました。
見栄えとしてはなかなか良い感じに仕上がったと思います。

Wi-Fiでインターネットに接続してみる

早速、Wi-Fiでインターネットに繋いでみました。
速度テストで何度か測ってみましたが全然、速度が出ていない事が判明しました。

Wi-Fiが繋がったり、繋がらなかったりを繰り返してる状態なのでページを開く速度がかなり遅いです。

ちなみに使用している無線LAN子機はバッファローのWI-U2-433DMというモデルです。
2013年7月ぐらいに発売したモデルです。

1階でも同じようにWi-Fi接続でパソコンを使用していましたが問題なく使えていました。

何が原因なのか考えてみようと思います。

繋がりにくい原因

まずはモデムやルーターの設定が正しく行われているか確認をしました。
取り扱い説明書に沿って設定を確認しましたが特に問題はありませんでした。

パソコンの置き場所も変更したりしましたがほとんど変わりはありません。

1階から2階へ移動した事によってモデムとの距離が遠くなり、壁などの障害物の影響が発生している事も考えられます。
こればかりは家の作りの問題なのでどうしようもありません。

またWi-Fi子機が古いのも原因があるのかも知れません。

新しいWi-Fi子機を購入して試してみる

何が原因なのかハッキリしないのでWi-Fi子機を新しく購入しました。

TP-Link 無線LAN 子機 AC1900 1300+600Mbps USB3.0
ハイパワー デュアルバンド ビームフォーミング クレードル付き

色々と調べてみましたが、おそらく最強の無線LAN子機だと思います。
レビュー評価も良かったので試してみようと思います。

開封して組み立ててみる

開封すると中身はこんな感じです。

本体とケーブルとスタンド、インストールディスク、と説明書が入ってます。

組み立てるとこんな感じになります。
ガラケーの携帯電話が充電さているみたいです。

こんな使い方も出来ます。
前面のUSB端子に差し込むと直立します。

パソコンの近くに置いてみると意外にカッコイイです。
ですが本体が大きいのでUSBに直差しタイプ比べると邪魔になるかもしれません。

接続して確かめてみる

接続して付属のインストールディスクを使用してドライバをインストールします。
次にルーターと子機を接続させる為にルーターWPSボタンを押し、子機本体のWPSボタンも押して接続を完了させます。

説明書に記載があるので簡単でした。

早速、速度テストで測ってみました。

結果的に速度が上がって改善はされました。
何度か測定しましたが私の家の環境ではこれが限界かも知れません。

使ってみた感想

使ってみて良かった所も悪かった所もありました。
個人的な感想です。

良かった点
  • デザインは高級感もあってすごく良い。
  • スペックも最強クラスなので子機を使うならこれ1台で問題なく使える。
  • 付けるだけであれこれ考えずに改善できる。

悪かった点






  • 本体が大きいのでスタンドを使用した場合、デスク上のスペースを取られてしまう。
  • デスクトップパソコンの場合、背面へのUSB直差しは設置面へ影響が出る。(大きいので邪魔になってしまう)
  • 接続に若干の手間がある(インストールと接続設定)
  • 使用中は本体が熱くなるので耐久性が不安。

原因も不確かな事ばかりで早期解決に向けて購入しましたが、見た目も高級感があり、購入して良かったと思います。

私もデスクの上にはあまり物を置きたくないのですが、見た目でしばらくは置いてみようと思います。

スペック面では最強クラスなのでWi-Fiで悩んでいる方は購入して使ってみてはいかがでしょうか。

 

 


waibou.hatenablog.j